今回は事業投資を目的にアレシアをご利用いただいたお客様の中から、デイサービスを経営されているT様の事例をご紹介します。

T様は、マシンリハビリに特化したデイサービス事業の立ち上げで、備品を購入する資金が必要になったことでご相談いただきました。

当初は、開業時に開業支援やコンサルを受けていた銀行のローンを検討されていましたが、追加の融資が厳しいという回答を受けて銀行融資以外の資金調達に切り替えたそうです。

その資金調達方法の候補にファクタリングがあり、介護報酬債権を有効活用できることがわかったため弊社にお問い合わせくださいました。そして、第三者に知られることなく介護報酬を資金化できること、審査後すぐに入金してもらえることが決め手となり弊社を選んでいただきました。

T様からは「ファクタリングについて、とても丁寧に教えていただきました。特に介護報酬債権は高く買い取ってもらえるということは、ファクタリングを利用する後押しになりましたね。しつこく営業をかけられることもなく、むしろ「他のファクタリング会社とも比較検討してください」とお声がけいただいたのは好印象でした。」という感想をいただきました。