【建設業者 M様】

今回は元請けと下請けの中間にある、地域密着型の建設業を営まれているM様の事例をご紹介します。

M様は、元請けからの新規の案件で、大工さんや内装業者さんに支払う外注費に充てる資金を調達するためにご相談いただきました。

資金繰りは厳しい状況のようですが、税金対策で赤字決算にしているため銀行からの借入はできないということで、融資以外の資金調達が必要になったということです。

そこで、最短即日の資金調達が可能なファクタリングに目を付け、ファクタリングの事例が多く安心して相談できるのではないかと弊社に無料相談をしていただきました。

M様は、ファクタリングによって外注費の支払いが無事に済み、「資金繰りや資金計画などについて、改善のアドバイスをいただけたのは嬉しかったですね。うちは妻が経理を担当しているのですが、売掛金の管理を担当してくれるだけでなく、経理全般を引き受けてもらえたので、非常に助かりました。」という感想をいただきました。